LabVIEW (VISA)で波形データを取得する

〔目的〕
オシロスコープ(DS1054Z)の波形データを取得する。

〔背景〕
・波形データに、自作フィルタを掛けて評価したい。
・波形データのファイル保存・読込・編集ができるようにしたい。
・波形画像の背景色を白にしたい。
・自分が必要とする情報だけで波形画像を作りたい。

〔開発環境〕
PC:MacBook Pro (Mid2014)
OS:Windows7 Ultimate (Parallels Desktop 12)
プログラミング言語:LabVIEW 8.5.1
ライブラリ:NI-VISA ,National Instruments

〔環境構築〕
1)RIGOLのホームページからソフトウェアUltraSigmaをダウンロードしてインストールする。
 ここから→ https://www.rigolna.com/products/digital-oscilloscopes/1000z/
 これを→  UltraSigma Instrument Connectivity Driver(Ultra Sigma(PC)Installer_00.01.06.01. 
 ※UltraSigmaのインストールでNI-VISAライブラリが自動でインストールされる。

〔確認項目〕
以下の3つを確認する。
1)ライブラリがインストールされたか?
C:\Program Files\IVI Foundation\IVI 

2)オシロスコープのUSBデバイス設定がComputerになっているか?
 オシロスコープの[Utility]スイッチを押す→ [IO Setting]選択スイッチを押す→ USB Device設定を[Computer]にする。
DS1054Z USBデバイス

3)PCはオシロスコープを認識できているか?
PCとオシロスコープをUSBケーブルで接続し、デバイスマネージャでオシロスコープの認識を確認する。
RIGOL_DS1054Z-DeviceManager.png
  
〔VISAを用いたデータ取得方法〕
1) VISA Open (リソース名を指定)
2) チャンネル(1)・書式(バイト)・画面波形データ要求の書込 
3) データの読込
4) VISA Close


〔作成したVI〕
とりあえず、波形データを取得するところまで。
DS1054Z VI Block

DS1054Z VI Front


〔参考文献〕
[1]RIGOL TECHNOLOGIES, INC. , Programming Guide MSO1000Z/DS1000Z Series
Digital Oscilloscope , Dec. 2015 , [P.243 Chapter 3 Programming Demos], [P.251 LabVIEW Programming Demo]

スポンサーリンク

2017.07.06 | コメント(0) | トラックバック(0) | RIGOL DS1054Z

RIGOL DS1054Z 日本語化

[機能メニュー]の[Utility / Language]で日本語を選択する。

画像をクリックすると拡大表示します。
DS1054Z 日本語化

スポンサーリンク

2017.07.06 | コメント(0) | トラックバック(0) | RIGOL DS1054Z

PCで画面画像を取得する

〔目的〕
PCで作成する文書に、オシロスコープの画面画像を貼り付けできるようにする。

〔背景〕
実験したことは、必ず文書にして残したい。
そのときに、オシロスコープで記録した波形が必要だ。

〔環境構築〕
1)RIGOLのホームページからソフトウェアUltraSigmaをダウンロードしてインストールする。
 ここから→ https://www.rigolna.com/products/digital-oscilloscopes/1000z/
 これを→  UltraSigma Instrument Connectivity Driver(Ultra Sigma(PC)Installer_00.01.06.01. 
2)PCとオシロスコープをUSBケーブルで接続する。
3)日本語取扱説明書の「USB を介した遠隔制御」246ページの指示に従いドライバーをインストールする。

〔確認項目〕
以下の2つを確認する。
1)オシロスコープのUSBデバイス設定がComputerになっているか?
 オシロスコープの[Utility]スイッチを押す→ [IO Setting]選択スイッチを押す→ USB Device設定を[Computer]にする。
DS1054Z USBデバイス


2)PCはオシロスコープを認識できているか?
デバイスマネージャでオシロスコープの認識を確認する。
RIGOL_DS1054Z-DeviceManager.png

〔画像データの取得手順〕
1)オシロスコープとPCをUSBケーブルで接続する。
2)ソフトウェアUltraSgmaを起動する。
3)オシロスコープに取得したい波形を表示させる。
4)UltraSgmaでデバイスを選択し右クリック → メニューから以下をPrintを選択し実行する。
DS1054Z 画面画像の取得方法

5)実行後に表示されるウインドウのMarkボタンを押しペイントブラシで画像データを開く。
DS1054Z 画面画像の取得2

以上


スポンサーリンク

2017.07.04 | コメント(0) | トラックバック(0) | RIGOL DS1054Z

«  | ホーム |  »

最新記事

再挑戦! 2輪2脚ロボット Oct 01, 2020
自作の回路とソフトで一輪車を倒立させることはできるのか? Jun 16, 2020
2輪ロボット May 03, 2020
自作3Dプリンタ メモ Apr 07, 2020
ロータリーエンコーダ HW-040 Jan 20, 2020

スポンサーリンク

counter