5年ぶりの切削基板

1ヶ月前頃から、サーボを使った4足歩行のロボット製作にハマりました。
電子回路は、Arduino MEGA、購入品センサ基板とブレッドボードだけで済ませていたのですが、
走り回るロボットに耐えきれず、断線や故障が増えたため、
arduinoシールド基板1枚にまとめることにしました。

基板は、海外の激安PCBサービスにお願いしようと思い基板設計を始めましたが、
基板が届くまで1週間から2週間はかかるらしく、せっかちな性格の私には待てません。
切削基板なら設計から完成まで1日で可能です。

約5年ぶりにでCNCフライス(オリジナルマインド社のmini-CNC BLACKII 1510)に電源を入れてみたところ、
全く問題なく動作しました。
驚きです。

切削基板ArduinoMEGAシールド

穴が空いていないところがある、なぜ?
0.8mmのドリル穴が空いてません。
私がEagle CADのULPをミスりました。


実装して完成!
IMG_1293.jpg

関連記事

スポンサーリンク

2017.08.18 | コメント(0) | トラックバック(0) | 基板

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

最新記事

再挑戦! 2輪2脚ロボット Oct 01, 2020
自作の回路とソフトで一輪車を倒立させることはできるのか? Jun 16, 2020
2輪ロボット May 03, 2020
自作3Dプリンタ メモ Apr 07, 2020
ロータリーエンコーダ HW-040 Jan 20, 2020

スポンサーリンク

counter