3Dプリンタ Up Plus2の修理

あるところから故障しているUp Plus2を入手しました。



部品取りのつもりでいましたが、

どうせ壊れているのならダメ元で修理に挑戦することに・・・


結論を先に言っときますと、

修理できました!


以下は、その記録です。

〔動作チェック〕
1. [3D Print / Initialize]で、初期化動作:OK!
  しかし、プラットフォームが左右にブラブラしている。
2. [3D Print / Auto Level]で、プラットフォームの自動水平調整:NG!
  プラットフォーム上昇でセンサがONしても停止せず、機械上限まで上昇する。
3. [3D Print / Nozzle Height Detect]で、ノズル高さの自動調整:NG!
  ノズルの下約1センチの位置まで高速移動し、次の減速上昇が始まらずダンマリとなる。

〔原因〕
・3.5mmケーブルが断線しており、センサーが働かない。
・Z軸関係の部品(Z Fixer V13)が割れている。
Z Fixer V13Z Fixer V13 −2

〔対策〕
・3.5mmケーブルは新品に交換した。
・割れていた部品(Z Fixer V13)は、別の3Dプリンタで作成し交換した。
Upアプリに入っている以下の部品(V13ではなく最新のV14)を印刷しました。
C:\Program Files\UP\Example\UP Plus Spare Parts¥Z Fixer-V14.UP3

〔結果〕
正常に動作するようになった。



以下、分解写真
向かって左
向かって左上
向かって左下
向かって右上


押し出しヘッドを外した
固定ネジ1本を緩めて、押し出しヘッドを外した。

プラットフォームを外した
中央の2本のネジを緩めてプラットフォームを外した。


関連記事

スポンサーリンク

2017.12.03 | コメント(0) | トラックバック(0) | 3Dプリンタ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

最新記事

再挑戦! 2輪2脚ロボット Oct 01, 2020
自作の回路とソフトで一輪車を倒立させることはできるのか? Jun 16, 2020
2輪ロボット May 03, 2020
自作3Dプリンタ メモ Apr 07, 2020
ロータリーエンコーダ HW-040 Jan 20, 2020

スポンサーリンク

counter