非純正ABSフィラメントのラフトを剥がしやすくする UP Plus2

私がよく使用する非純正ABSフィラメントでは、

ラフトやサポートが剥がれなくて四苦八苦してしまいます。


この剥がしがめんどくさくて、

3Dプリンタでの部品作りが嫌になったことが過去に何度かありました。


この原因がわかり、

手でも剥がせるようになりましたので報告します。


〔原因〕
ノズル温度が高過ぎるためフィラメントが溶けすぎている。

〔対策〕
・UP機能拡張ソフトウェア FixUp3Dを用いて、UP Plus2のノズル温度を設定できるようにする。
・非純正フィラメントに最適なノズル温度を実験して調べ、最適なノズル温度で印刷する。

〔結果〕
ノズル温度243℃で手でラフトが剥がせることができた。


180131_SrvJoint3.jpg


〔使用機器と材料〕
3Dプリンタ:UP Plus2
ソフトウェア:UP! 2.1.8 www.PP3DP.com
UP機能拡張ソフトウェア:FixUp3D
材料:【あす楽】3Dプリンター用フィラメント ABS!


〔FixUp3Dの設定ウインドウ〕
180131_FixUp3D設定


以上



関連記事

スポンサーリンク

2018.01.31 | コメント(0) | トラックバック(0) | 3Dプリンタ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

最新記事

再挑戦! 2輪2脚ロボット Oct 01, 2020
自作の回路とソフトで一輪車を倒立させることはできるのか? Jun 16, 2020
2輪ロボット May 03, 2020
自作3Dプリンタ メモ Apr 07, 2020
ロータリーエンコーダ HW-040 Jan 20, 2020

スポンサーリンク

counter